Top > 注目 > 息子と、私と、主人の日記。流血事件があったのです。

息子と、私と、主人の日記。流血事件があったのです。

主人が息子を連れて公園へ遊びに行きました。
帰って来た姿を見て仰天!
おでこには大きなこぶが出来、脛は広範囲にわたって傷になっていて流血しているし、いたるところに打ち身らしき痣が!
「一体どうしたの?」
と聞くと、公園の遊具で足を滑らせ、前のめりに転倒したとのこと。
高いところから落ちたわけではないようですが、運悪く金属の棒がいくつか立っていて、その棒におでこを強くぶつけてしまったらしく、内出血してひどく腫れてしまっていました。
主人は近くにいたそうですが、この遊具なら大丈夫だろうと油断をしていて、目を離していたようです。

ケガって親が油断した時にしちゃうんですよね。
ハラハラしながら見守っている時にはケガはあまりしないのに。

週末だったので病院もやっていないし、頭をぶつけたとは言っても吐いたりぐったりしているというわけでもないので救急外来へ行くようなことでもないし、そのまま様子を見ました。
幸い息子はすこぶる元気で、「もう痛くないよ!」とケロッとしていました。

大きくなって来ると動きがダイナミックになるので、ケガも大きいですね。
大したことはなかったので良かったですが、まだまだ目を離せないなぁと痛感しました。

私がフェンディの買い取りをしている間におきた事件でした。→フェンディ買い取りならこちら

注目

関連エントリー
息子と、私と、主人の日記。流血事件があったのです。日中しっかりと仕事をしてオンラインカジノの還元率を気にするベラジョンカジノの注意点トランプ新大統領が日本の自動車を批判したことオバマ氏がSNS虚偽ニュース問題についてコメントくらずしの牛丼 くらずしは一体どこにいくのか?余ったギフト券を売る最良の方法とは?妊活用サプリメントフラッシュモブで結婚式に大がかりなサプライズフラッシュモブプロポーズで使ってみたい曲